確実にこれらにあてはまる人は癌になるとは断言は出来ませんが、統計的に見て所謂’’なりやすい人’’のケースというものがあります。もしこれらに当てはまる方は注意しておいた方がよいでしょう。

「癌」を発症したことのある人が家族にいる。

食生活や生活習慣が非常に酷似している為、家族で癌になった人がいると注意が必要です。体質は遺伝する為、健康診断などのアンケート項目でも、家族に癌を発症している人がいるかどうかというものがあるのもおのせいでもあります。

逆に「癌は遺伝しない」などと言われることもありますが、身内に癌になった人がいなくても突然癌を発症する人もいるのも事実であります。基本的にはいる、いない関係せずに誰でも注意&意識しておくことが大切です。

ストレスが溜まりやすく発散できない人
ストレスは癌への免疫力を下げると言われており。性格的に神経質な人や繊細な方は注意が必要です。

低体温の人
低体温は免疫力の低下へと繋がるので癌以外の病気でもなり易いと言われています。もし、「自分そうかも?」などと思った方は注意が必要です。

 酒&タバコの癌への関連性

お酒やタバコが、癌と深い繋がりがあることは有名だと思います。その繋がりと関係性について説明します。

ガンとお酒

確かにお酒はストレス発散にもなりますし、アルコールの過剰摂取はよくないとご存知の方も多いと思います。お酒は肝臓に悪いのは勿論、お酒が接触する部位である

・口腔喉頭

・咽頭

・食道

への負担や刺激が強い為、それらのガンに繋がることが高いということが言われています。

がんとタバコ

現在、タバコのパッケージにすら、発がん作用がたばこにはあるため、「適度な喫煙を」などと注意が書いてあるくらいタバコがガンを誘発させる原因になっているということはお分かりだと思います。

発ガン性物質を大量に含んでいるタバコの煙を吸うと、当然その煙は

口や喉を通り、気管支から肺に入り、肺がんのリスクが高まることになります。またそれらの物質は唾液と一緒に飲み込まれることにもなるので、食道・胃・腸などの消化器系臓器にも影響が及ぶことになります。

これら上記を説明を見てお分かりなったと思いますが、お酒とたばこはガンとは切っても切り離せない関係にあります。

耳にたこができる程聞いて知っていると思う方もいるかもしれませんが、常にリスクがあるものだという自覚をしておくことが重要です。