癌になりやすい人や環境ということを書きましたが、今回は割合的に見た発がん要因というものについて説明してみたいと思います。

遺伝やストレス、低体温、お酒とタバコなどが原因で癌になりやすいと説明しましたが、それらよりももっと発がん要因になっているものがあるということはご存知ですか?

意外と知られていないかもしれませんが、実は食事だったりします。

アメリカの研究で、発ガン要因として最も大きなものが食事であるということが分かりそれらが指摘をされています。

割合的には、発ガン原因35%食事で占めているそうです。

次の要因はタバコで30%。

食事とタバコを合わせるとなんと65%という結果が出ています。

以上のこと踏まえると、遺一般的に思われがちな遺伝による発がん要因よりも、食事や食生活からくる原因が大きく、誰でも癌になるリスクは付きまとっているということが言えます。

適切な食事を心がけたいところです。

食事による癌の改善や治療に関して興味のおありの方はこちらを御覧ください。