がん治療における一般的な手法は抗がん剤治療や方放射線治療だということは多くの方がご存知だと思います。癌の早期発見や早期での治療及び手術を行えるならば、抗がん剤や放射線での治療は避けられるかもしれませんが、進行の深さによってはそれらの手法で治療を行うことを余儀なくされる可能性も高くなってきてしまいます。

そもそも抗がん剤とは主に、がん細胞が分裂する時に働きをかけ、それらの細胞の増殖を防ぐ効果があります。

細胞が成長していく過程を抑制し妨害し、死滅することを促します。

この効果だけを聞くと抗がん剤は素晴らしいものだと思うかもしれませんが、実はこの作用はがん細胞に対してのみのものではありません。

正常な細胞であっても、血液を作る骨髄の造血細胞口腔粘膜消化管粘膜毛根細胞など常にに細胞分裂をしている健全な細胞までも抗がん剤の作用を受けてしまうのです。

そもそも抗がん剤の多くは、細胞自体や、細胞中のDNAに障害を及ぼすように作られています。

これらの仕組みによって、抗がん剤治療における副作用が発生します。

副作用の代表例としては、赤血球や白血球、血小板などが作られにくくなり、

重度の感染症

出血

貧血

などを引き起こしすい体になってしまいます。
また、傷ついた細胞が

口腔粘膜なら口内炎

消化管粘膜なら吐き気や下痢

毛根細胞等であれば脱毛

といった症状が副作用として現れます。

その他、白血球の減少などもあります。

もちろん、副作用が出る種類や確率は抗がん剤の種類によっても違いますし個人差もあります。

私の父の闘病時も、食事療法に入る前は病院での抗がん剤による治療を行なっていましたので当然上記に代表されるような副作用が父の体にも現れていました。

しかし、できる事なら副作用での苦しみを回避したいと考える人もいることと思います。

なぜかというと、父自身、また看病している母と私も副作用によるデメリットや負担というものを体験していますので気持ちは十分ほど理解できるからです。

そこで、個人的にそれらの体験をもとに現在提案したい3つのポイントというものがあります。(事前準備、事前意識も含む)

癌早期発見、常に予防を意識する。また、もしなった時の費用やその為の保険などを常に考えておく。

食事時療法をメイン治療としてシフトする。

治療による副作用が余命を短くさせたり、克服させにくくしているいるという事実を知る。

①に関しては、そのままです。何事も早めに意識、未然防止に努めることが大切だと思っています。

少しでも気になっている方は今すぐ検査されることをお薦めします。今は自宅でも検査できる方法もあるので利用されてみるといいかもしれません。

②が一番具体的な方法かもしれません。できる限り抗がん剤や放射線による治療を回避するならば自然治癒に近い形の治療が必要となってきます。

さすがに切除可能な腫瘍であれば手術を行うべきですが、その後の転移や再発を避けるのならば、食事療法による体質改善をしていくことが一番負担のない自然な治療です。実際私の父はこれで完治しています。詳しくはこちらで体験記を書いていますのでよかったら参考にしてみて下さい。

③ですが、例え余命を医師に告げられたとしても、気にすることはありません。また、抗がん剤、放射線治療を行うことにより体はどんどんと弱くなっていきそれが余命を縮めている要因でもあったりします。末期であっても療法を変えることによって回復、克服する人は多くいます。そういう人を周りで何人も知っています。

副作用というものを良く考え治療や闘病と向きあっていくことが大切です。