私の父も井上俊彦先生の提唱するメディカル・イーティングで末期がんから生還した経験を持ちますが、同じ井上先生の食事療法で見事癌から生還、完治をした方の体験談をご紹介したいと思います。同じ悩みで辛い思いをされている方に少しでもお役に立てれば幸いです。

肺がん余命1ヶ月宣告 56歳 Yさん

私は以前から好き嫌いが激しく隔たった食生活をしていました。
あとで思えば、こういう偏食が癌の引き金になったのでしょう。
43歳の8月、東大病院で肺がんの末期と診断され、余命1ヶ月の命と宣告されたのです。
私は頭が真っ白になり、絶望の縁に立たされました。
このまま黙ってしを待つしかないと諦めていた所、知人の紹介で良い食事療法があると聞きつけ、手遅れだろうとは思いました藁をも掴む気持ちで8月16日に初めて井上先生の指導を受けました。
今でもはっきりと覚えていますが、病院で余命1ヶ月と宣告されたことをお話したところ、井上先生はおだやかな口調で「まだ間に合うか可能性は十分にありますよ」と優しいお言葉をかけてくださいました。
それから先生の指導してくださった通りの食事療法を忠実に実行し、約2ヶ月が経過した10月になって体調が回復、腫瘍の殆どが消えている状態であることが病院の検査で分かりました
私も驚きましあが、それ以上にお医者さんの驚いた顔が忘れられません。
井上先生は「必死になって食事療法を実践したから早く治ったのですよ」とおっしゃってくれました。
井上先生には感謝しても感謝しきれません。
本当に本当にありがとうございました!

【公式サイト】井上俊彦先生の食事療法