今回は皮膚癌についての症状や転移について説明したいと思います。皮膚癌は数少ない早期発見、及び予防がしやすいガンの一つです。

皮膚がんの種類

皮膚がんとはそもそも、皮膚に発生する癌で種類がいくつかあります。代表的なものを紹介しますと

・有棘細胞がん

・基底細胞がん

・メラノーマ悪性黒色腫)の3つがあり、

更に、汗腺、脂腺、毛嚢などの皮膚の付属器から発生する皮膚ガンというのもあります。

皮膚がん前駆症

皮膚癌になる前のがん状態のことを【皮膚がん前駆症】といい

・ボーエン病

・日光角化症

・パージェット病

などがあります。

皮膚がんになりやすい人

年齢の統計では、40歳以上がかかりやすく、男性の方が多いようです。

また人口的には年間で 6,000人以上の人が皮膚癌になっている計算で、その人数は年々増加している傾向にあります。

「ほくろ」や「シミ」との関係性

既にある【ほくろ】や【しみ】に、もし形状や大きさなどに変化が出てきた場合、皮膚ガンの可能性があります。その際は、できる限りすぐに皮膚科に行って検査してもらうことをお薦めします。

上記で説明しましたように、皮膚がんは早期発見しやしく、また早期での治療が非常にしやすい癌です。

もっと具体的に「ほくろ」について説明しますと、悪性のほくというものがあり、それに関しては皮膚がんになる確率が高いと言われています。

特に気にしなければならない箇所は、足の裏や手のひらにできたものです。それらにできた悪性のほくろは【メラノーマ】と言われるものです。

早期発見がしやすいとはいえ、皮膚がんの中では悪性のホクロに関しては、進行が非常に速く危険度が高いものです。

いつの間にか今までなかった箇所に急にホクロができていたと気づいたり、感じたりした際は危険性を意識された方がいいかもしれません。

末期癌でも自宅で出来る食事療法についてはこちら