今回のテーマは肝臓癌に効く食事療法と、(末期)症状、治療方法についてです。肺がんと同様、症状として自覚しにくい症状の特徴を持っているのが肝臓がんです。それ故、肝臓は昔から「沈黙の臓器」などと表現されています。

しかし、少なからず、注意すべき症状というものはあります。

全身の疲労感や倦怠感、頻繁な微熱や腹痛、急な痩せ、食欲不振

などの他の病気でも見られるような症状です。

しかし、上記の症状でも非常に軽度のものが多く、早期診断でも発見が非常に困難である特徴があります。

発症してから(知らぬ間に肝臓がんが進行している時)の症状としては【右上腹部の圧迫感】などがありこのレベルの状態になってからようやく自覚する人も多いのが現状です。

末期の肝臓がんの症状

上記で説明しましたように肝臓がん初期症状は特定が難しいです。

しかし、病状がかなり進行してくると、突然の腹痛、貧血症状に陥ることがありこれらの症状が出てきた場合、かなり進行している状況だということが分かります。

黄疸がひどくなったり、腹水が溜ったり、又、全身が衰弱してくることもあります。

その他、末期症状としては、骨に転移して激しい痛み発生するなどといったことがあります。

肝臓がんになる原因

ご存知のように肝臓はアルコールを分解する働きをする重要な臓器なので、過剰なアルコール摂取やC型肝炎ウイルスのキャリアの慢性肝炎が原因で、肝臓がんに繋がる危険性が非常に高いです。

健康診断などで、肝臓が悪い傾向にある結果が出た場合は、自分はガンになりやすい体質という自覚をもっておくべきかもしれません。

肝臓がんの治療について

一般的には手術、抗癌剤、放射線療法の3つになり、それぞれメリットもありつつデメリットもある治療方法です。手術のみで対処できれば問題ないですが、転移や再発などがあった場合や腫瘍を手術のみで取りきれない場合は当然、抗癌剤や放射線による治療を行わなければならなくなります。また、これらの治療は強い副作用や後遺症などを伴うリスクがあり、それと同時に非常に治療費用が高くつくため、精神的にも肉体的にも安全かつ安心できる治療方法とは言い切れないのが現実です。

肝臓がんに効く食事療法という選択肢

近年、注目を集め始めてきていおり、より確実性を増してきている治療が食事療法です。

食事療法のメリットはたくさんあり、特筆すべき特徴としては、他の治療と同時にできるということです。もし、現在抗癌剤による治療を行なっており、その副作用にお悩みの方は完全に食事療法にシフトチェンジすることも可能ですし、今までの投与量を少なくして新たに食事療法も試していくという選択肢も可能です。その他、自宅で出来る治療法ということもメリットの一つです。

転移が骨にした場合などは激しい痛みを伴い、抗癌剤による治療になると更に苦痛を伴う闘病となり、これらに多くのストレスを感じている方というのは非常に多いです。

もし、今後食事療法にシフトしていきたい、現在の治療に「効果がない」「辛い」など不満を抱えていましたら選択肢の一つとして考えるのもいいかもしれません。

食事療法でも色々とありますが、井上俊彦先生の食事療法は非常に的確で、尚且つ直接サポートして頂けるなど有意義なもので私の父の闘病時に参考にさせて頂いたものです。

非常に為になり、より実践しやすい療法なのでまだご存知でない方は一度ご検討されることをお薦めします。

【公式サイト】ガンを改善する食事療法