福島原発事故による放射性ヨウ素(水道水から)検出を受け過去のチェルノブイリの事故とそれが生んだ数々の影響を思い出し危惧された方も多かったことと思います。

しかし、まだ放射性ヨウ素について危機感や甲状腺がんとの関係性などについてまだ一般的になっていないことも

あり、今後更に自覚が必要になってくることは確実に言えることです。

※特にお子さんがいる方は知っておいて損がない事です。

放射性ヨウ素が誘う甲状腺癌の危険性

先ず放射性ヨウ素が原因で多くの方が甲状腺がんを発症したという事実はチェルノブイリの原発事故で判明していることであり、今回の福島原発事故がもたらした放射性ヨウ素検出も当然のようにこれに当てはまることは言うまでもありません。

※チェルノブイリの原発事故について詳しく知られていない方は是非こちらをご覧になって下さい。

 そして、被爆(放射性ヨウ素による)しやすい方の特徴というものがありますので紹介します。

この2つの条件に当てはまる方は特に注意が必要です。

乳幼児(甲状腺形成過程の中である為

若年者(甲状腺機能が活発な時期にある為

また、チェルノブイリの事故で健康上のの問題や影響を与えたものが半減期8日の放射性ヨウ素

ということが分かっており、これは現在日本で問題視されている放射性ヨウ素131と同じになります。

それらを汚染された地域、区域からの牛乳や食物をから取り込んだ多くの子供達が高い確率で甲状腺がんを発症しています。

半減期は、放射性核種あるいは素粒子が崩壊して別の核種あるいは素粒子に変わる時、元の核種もしくは素粒子の半分が崩壊する期間のことを言います。

決して楽観視してはいけない理由

上記で説明した放射性ヨウ素131は半減期が8日なので一見楽観的に捉えてしまう方もいるかもしれませんが、

例え微量であったとしても放射性の物質を体内に摂取することには変わりません。

常に意識されることが大切です。

放射性ヨウ素から身を守る為の方法とは?

冒頭から何度も言っていますが、放射性ヨウ素は甲状腺がんを発症させる危険なものです。

しかし、全く対応策がないという訳ではありません。

甲状腺自体に良質のヨウ素を満たしておけば、例え放射性ヨウ素が体内に入り込んでも体外へ排出する働きがあるということが分かっています。

そのようなこともあり、日本ではもしもの核攻撃、核事故などに備えるという国民保護法に基づき、各自治体等が安定ヨウ素剤を備蓄しています。

良質なヨウ素というものはそれほど重要なものなのです。

Pureスピルリナ【良質ヨウ素】を家庭や生活に

政府自体は「西日本への放射性物質の拡散の可能性は決して否定できない」とも表明しています。

放射性ヨウ素を含んでしまった食品が流通してしまう可能性が無いとは必ず言い切れない。

自分の命、大切な人の命を守ることは自分自身でやってきかなければならない。

遅くなる前に確実な対処を見つけ実行しなければならない。

時代になってきているということははっきりと言えます。

こうした事からも、今後は個人レベルで良質ヨウ素を各自摂取し、少しでも放射性ヨウ素を排出し、癌発症の確率を少しでも低める努力や習慣化が必要となってきます。

すぐに症状や、発症するものではないからこそ早い段階でどれだけ意識的にいられるかが鍵になるとも言えます。

では良質なヨウ素は個人レベルで一体どこで購入できるの?

となるかもしれませんが、意外と簡単に購入することが出来ます。

特に有名なのが「Pureスピルリナ」と言われるものでチェルノブイリの事故後も幅広く長い間治療や予防、健康維持に使われ、知名度や信用度も高いことが特徴です。

事前対策や対処法としてやっておくべき一つですのでもしご自身やお子さん、大切な方の甲状腺がんを出来る限り防ぎたいと思っている方は日常的に摂取していかれることをおすすめします。

Pureスピルリナ【良質ヨウ素】についてはこちら