今回も、乳がん子宮がんと共に女性がなりやすい癌であり、不妊などにも繋がる卵巣がんについての症状や、治療についてお話したいと思います。一般的に卵巣がんにかかる人のパーセンテージは類似した子宮がんと比較すると少ないのが現状ですが、徐々に増えてきている癌の一つです。

年間単位ですと6000~6500人程の人が卵巣がんになり、毎年4000人以上がそれが原因で亡くなっているという統計が出ています。

卵巣がんといっても大きく分けて2種類あり、若年層から高齢層の人がかかる一般的なものと「上皮性卵巣がん」と言われる特に40、50歳代の女性がなりやすいものがあります。

また、まだ珍しく一般的ではありませんが「悪性胚細胞腫瘍」と言われるものも卵巣がん一つに入り、主に10歳20歳代などの若年女性層になりやすいものもあったりします。

卵巣がんになる一番の要因は実際はっきりしたものが分かっていないのが現状ですが、はやり他の癌と同様に

遺伝

食生活などの環境

によるものが大きいということが言われています。

また、最近の調査で、かかりやすい人の特徴として、

「妊娠の回数が少ない」「出産経験が殆どない」「身内に卵巣がんになった人がいる」「乳がんを経験している」

という結果が出てきたりしています。

更には、女性の結婚期が遅れていることも卵巣がんが増えている原因とも専門家の中では言われていたりします


当ブログでも説明していたりしていますが、元々欧米の人々に多くみられた癌が最近では日本人の間でも増えてきており、その中に卵巣がんも含まれます。

なにより、日本の食生活が欧米化したことが要因であり、卵巣がんが増えている結果へ繋がっているということがあまり知られていないことを悲しく思います。

卵巣がんの症状と治療について

卵巣がんは初期段階でも自覚できる症状が非常に少なく、異変に気が付きにくいとされています

そして気がついた時には、既ににリンパ節、腹膜等に転移しており、進行がんになっているケースが殆どです。

また、一般的な症状としては高熱、腰痛、足のむくみ、排便・排尿障害、不正出血などがありますが

その中でも一番分かりやすい初期症状としてウエストサイズが大きくなるということが挙げられます。

卵巣が腫れてているとうことに限らず、腹水が溜まっていることが考えられるからです。

このように、卵巣がんの症状というものは他の癌と比べ、分かりにくい特徴がある為、早期発見や検査を行い予防などを積極的に行う必要があります。

※自宅で簡単に検査できるキットはこちらで紹介していますのでよろしかったら参考にしてみて下さい。

治療としては抗がん剤によるものだったり放射線によるものが中心になり、それに伴う強い副作用や後遺症というリスクが出る可能性も高いのが現状です。

この記事を読んでいらっしゃる方の中には既に進行中で治療に悩んでいる方もいらっしゃることと思います。

そのような方にもこのブログで新たな治療方法などを提示していきたいと考えています。

卵巣がんの再発・転移には注意が必要。通常治療だけでは克服できない。

腫瘍摘出手術など一時的にできる治療があったとしても取りきれなかった部分に関しては、抗がん剤による治療が中心となります。

また同様に再発や転移を防ぐ為にも抗がん剤治療を進めるのが通例かもしれません。

しかし、副作用の辛い思いをしたり、再発や転移を心配するあまり精神的不安定に陥ったりなど病状悪化を苦しまれている方が多く存在するのが現状です。

このように考えますと、西洋医学的治療だけでは本当の効果的な卵巣がん(卵巣癌)治療はできないということ言えます。

そこで、出てくる答えが東洋医学の治療です。

卵巣がんを完治、克服するに は、元を辿り、発症した原因を知る必要があり、卵巣がんが発症しにくい体質や体内環境を作る必要性が出てきます。

上記でも、卵巣がんは元々欧米で多かった癌の一つで、食生活の欧米化により、日本の卵巣がんの発症率を高めていると説明しましたが、そこにヒントがあり、最も効果のある治療が食事療法によるものであると専門家の中でも言われています。

西洋医学最先端の病院で「あなたの治療法は無い」と告知をされた方で、意外な程、東洋医学に目を向けてられていない方が大勢いることに対し、私はいつも残念に思っています。

癌になる直接的原因は食事が大半を占め、それらは体質形成に大きな作用があります。

癌になりやすい体質のままでいれば当然再発や転移も進む一方になってしまいます。

それであるならば、その問題を解決するには食事によるものしかありません。また、あらゆる癌にも対応ができることが食事療法のメリットでもあります。

大袈裟な表現になってしまうかもしれませんが実際、食事療法での父の癌克服を身近で体験していたり、同じようにそれで治療を進め、改善している人を周りで何人も知っている為勧めない訳にはいかないというのが個人的心情で、このブログを始めた理由でもあります。

最後に父の闘病の際参考にさせてもらい、直接相談、面談などのサポートなどをして頂いた井上先生の療法を紹介しておきます。

公式サイトはこちらになります。

少しでも多く憎い癌から救われることを切に願って。