がんと「感染」に深い関わりあいがあるとは一般的にあまり知られていないかもしれません。今回はそれについて話してみます。

一度は耳にしたことがあるかと思いますが、ピロリ菌【正式名称:ヘリコバクター・ピロリ】は、胃潰瘍や胃炎へ繋がる要因の一つであることが実証されています。

ピロリ菌は、なんと50歳以上の人であれば約80%の人が胃の中に持っている細菌と言われており、ピロリ菌による

感染

食塩多量摂取

等の要因が重なることで、「胃がん」を発症させる原因になることが近年分かってきています。

もし、気になる方がいましたら先ずはこのピロリ菌によるウイルス感染のかかっていないか早急に検査をすることを強くススメます。私の友人も気になってすぐ検査してもらって、事前に防ぐことができました。

また、「肝炎ウイルス」感染者も、肝炎や肝硬変が発端で肝臓がん発症になる確率が高いと言われています。

しかし、肝炎ウイルスの治療法は近年かなり進歩しており、事前に防ぐことが可能です。

※現在肝臓の病気を発症していなくても早めに病院に行き、経過観察を含む対処をすることが、後の肝臓がん発症を防ぐ第一手順だと言われています。

病院にすぐ検査しに行く事が可能ならばすぐ実行すべきですが、もし時間がなくどうしても病院に検査に行くことができないという方であれば、自宅で検査するキットなども存在するのでそれらを使用して検査をするというのも手です。

自宅で出来る感染症検査キットについてはこちらをご覧下さい。