私の父の胃がんが発覚し病院での治療が始まった時のことをお話したいと思います。

がん治療というと病院での放射線治療や抗がん剤投与によるものが一般的かと思われます。

私の父も最初それらの治療で闘病が始まりました。

しかし、多くの方がご存知かと思いますが、これらの治療には強い副作用というものが存在します。

抗がん剤による体重の激減や本人の体力が確実に落ち始めているのを日々見ることは私にとっても母にとっても非常に辛いことでした。

確かに効果はあるものの本人への負担が多大な為、看病している側としてもどうしてもネガティブ方向にいってしまいます。

そこで、いかに本人への負担を減らし、癌をうまく乗り越えられないかと考えていた所に私が出会ったものが食事療法による

癌克服でした。色々調べた結果たどりついた方法です。

しかも、私の父に限ったことではありません。知人で末期がんに悩まされていた方に紹介したところ同じよう改善した経験もあります。

食事で癌を改善出来るなんて一般的に考えて無理と思うかもしれませんが(私自身も最初はそう思っていました)、食事でがんを改善している人も多くいるということは紛れもない事実です。

がんになる切っ掛けの多くは食事からきています。よく考えると食事で克服するのは当たり前のことなのかもしれません。

今本当に癌の治療に悩んでいる方がいましたら是非治療の見直しを図ってもらいたく思っています。

私がこちらで紹介している井上俊彦先生による食事療法(メディカル・イーティング)は本当に無駄のない食事法で本当に父のがん克服に役立ちました。それと同時に私自身の食生活の見直しも行うことができ、予防という視点でも大変勉強になっています。

何よりも自宅で出来るということも家族にとって非常に安心ですし、父も笑顔が増えそれを毎日見れるのは看病する身内のメンタル面においても決して悪くなるはずはありません。

まだ、食事療法に出会っていない方に是非試してもらいたく思っております。