がんの病期の分類法にステージというものがあると前回お話しましたが、それ以前に「TNM分類」というものが存在します。

Tは(tumor)の略で、がん原発巣そのものの大きさや深さ、そして広がりのことを表します。

tumorの中にはT0からT4という 5段階レベルがあり、数字が大きいほど進行度が高いことを意味します。

Nは(node)の略で、リンパ節への転移があるかどうかを意味し、これはN0からN3までの 4段階レベル表記になります。

こちらも数字が大きくなればなるほど、進行度が高いことを意味しています。

そして最後のMは(metastasis)の略になります。

他の臓器などへの転移の有無を表す表記になり、「M0」「M1」に分けられます。

M0は転移がない、M1は転移があることを意味します。

これらのTNMによる分類を経た後、ご存知のステージ振り分けがなされます。

ステージという概念を知られている方は多いのですが、意外とステージ分け以前にこういった細かい分類がされていることはあまり知られていません。

これからがんと立ち向かう可能性は誰にでもあることです。

必要最低限の知識を持っているだけでもその後の対応や心持ちが変わってくるので検査も意識もの早い内から気に留めておくことが大切です。