多くの方が認識をしていると思いますが、癌は誰がなってもおかしくないものであり、その現実を受け止め何ができるか考えたり対策を練らなければならない時代になっています。